配線保守料金を取り戻すぞ


TREETREE
ダガヤの部屋ダガヤの部屋
+-- 電話廢人電話廢人蛸壷病棟
  +-- 配線保守料金を取り戻すぞ
  +-- 電話廢人掲示板

2006/05/24(水)

 契約約款もろくに理解できない会社と言う事で簡単に潰れちゃいまして、もう配線保守料金の回収は諦めました。さーて今度は何処と契約しようかな。やっぱり素人通信事業者と契約するのは危ないかな。(苦笑)


2005/11/04(金)

 我が家では自前で屋内配線を行っており、外部の業者には一切宅内配線を触れさせておりませんし、平成電電に対しても保守をお願いした事はありません。

 それにも関わらず開通当初から屋内配線使用料として毎月60円を請求し続けられ、未だに納得の行く説明を受けて下りません。と言いますか、逆に保守の如何に関わらず全ての加入者から徴収しているのは問題と指摘しております。

 公正取引委員会の調査結果でも景品表示法に違反する恐れがあるとの事で、早速お客様センター(116)に電話して抗議をしましたが、担当の国時氏は「NTTでは保守を選択できるが、平成電電では当社で保守を行う事になっている。と説明するようにと言われている。私では回答できないので、追って上司から連絡を差し上げます。」と逃げられてしまいました。

 と書いている内にお客様センターの吉岡氏より電話が入り、「実際の配線工事に関わらず全て当社で保守を行う。」との一点張り。「料金表のP44(8)に当社が配線設備の保守を行う場合とあるのに、頼んでもいない保守料金を取るのですか」に対し、「解釈の違いで、ここで言う行う場合とは加入者全員を指すそうな。」

 「じゃあ(7)や(9)はどう解釈するのか尋ねたら」、「こちらはお客様の自由です。」だそうな。と言う訳で、現状では改善する気は無さそうです。

 そもそも、当初の配線保守料金の定義から、請求書では屋内配線保守料金と名称が変わっているので、それなら責任分界点の内側なので払う必要が無いと苦情を入れているのに。


2005/05/12(木)

 納得の行く回答が得られず、埒があかないので公正取引委員会に、景品表示法違反(不当表示)の審査請求をしました。

 大体配線保守料金の定義が違っているし、実際に保守もしていない自分で工事を行った屋内配線の保守料金なんて払う気はありません。保守と言うなら、どんな線材をどの様に配線したのか、HDDは把握しているのかと言いたい。

 新築時に自費で配管工事をお願いし、線材を自分で購入し配線も行った私物の設備を、勝手にHDDが保守するから毎月料金を支払えと言うのは如何なものか。宅内への立ち入りを拒否したら保守なんてできる訳なし、私が配線図を見せない限り主装置(ET-10i)周りの保守は無理です。

 請求1
 請求2

 最初は電話で相談をしたのですが、文章で審査請求をすれば必ず文章でお返事しますとの事でしたので、再度オンラインで審査請求をする事にしました。最近の政府機関は進んでますね。


2005/05/10(火)

 平成電電(CHOKKA)にしてから基本料金の中にある、配線保守料金が開通前から気になっており、何でNTTで支払わなくて良い料金をHDDでは支払う必要があるのか、メールで問い合わせました。

 平成電電カスタマーサービス部メールお問合せ担当の青柳氏から、以下の回答を頂いております。(一部メール引用)

 「配線保守料金につきましてはモジュラージャックより保安器までの保守以外に局舎交換機よりお客様のご自宅までの収容路線の保守も対象となっておりますので弊社CHOKKAのご利用になる時点で必ずご請求の対象となります。」

 とんでもない回答が帰ってきましたので、「現在「配線保守料金の約定」が定義されて無いとの事ですので、「基本料金の範囲」についてご説明頂ければ幸いでございます。ご参考までに、NTT西日本の基本料金(回線使用料)には、「設備の保守・更新にかかる費用、申込受付業務、通話利用度数の調査・審査、料金の請求・徴収にかかる費用」とされています。」と再質問をしてみました。

 がしかし、「CHOKKAの配線保守料金につきましては設置場所の保安器よりモジュラージャックまでの配線利用料及び保守また局舎交換機よりお客様の設置場所までの路線の保守・補全の為にCHOKKAをご利用になる際には必ずご請求させていただいております。」の一点張り。

 仕方が無く基本料金の範囲を再度尋ねましたが、それっきり回答は無し。


POSTご意見ご要望は メール でお願いします。直接メールを頂いても構いません。